スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Arrivederci Orvieto !

Orvieto
モーロの塔から街を俯瞰。階段450段登った甲斐があるってもんだね。

Orvieto
フニコラーレで鉄道駅へ。

Orvieto
IC(Inter City インテルシティ;特急的な長距離列車)の車窓より。
ローマまで約1時間のショートトリップ。


スポンサーサイト

テーマ:★イタリア旅行★ - ジャンル:旅行

オルヴィエートの~フニコラーレの駅前で~日本人女性に~出あった~@「IDEA PIZZA」

タイトルは下條アトム@ウルルン風でヨロシク

フニコラーレの駅前から天空の町チヴィタに行くバスが出るハズなので行ってみたら、事前に調べた時刻表と全然違って、ハゲしく乗り遅れてしまった(後で某サイトに抗議のメールを送る事!←自身へのメモ)。

で、オルヴィエートを徹底的に散策して時間つぶしした後、再度フニコラーレの駅前へ。
朝食をしっかり食べてたり、試食でアレコレいただいたり、夕食はローマで御馳走の予定だったりで、ランチは軽く・・・と、駅前のピッツェリア(の中でも焼いてあるのを切り売りするタイプの安めの店)「IDEA PIZZA」へ。

オルヴィエート「IDEA PIZZA」

オルヴィエート「IDEA PIZZA」 オルヴィエート「IDEA PIZZA」
ピッツァやスップリなど、軽食メニューが色々。

そんな中でもハゲしく気になったサルシッチャのサンドイッチを注文しようとして、東洋人っぽい店員さんに「Pan con Salsiccia, due」とかテキトーな(でも、だいたい合ってるハズ)知ったかぶりのイタリア語で注文したら、「はい、お二つですね?」と日本語が帰ってきてハゲしくビックリ~
オルヴィエートにもう10年在住してるという日本人女性であった。
せっかくなので、チヴィタの情報その他色々情報もゲット。

Pan con Salsicca(゚Д゚)ウマ-! ピッツァも、こういった焼き売りスタイルの店にしてはなかなか旨かった

で、ローマ在住の方との夕食の約束で時間に制限もあったりして、結局チヴィタ行きは諦めてローマに向かった次回の課題ですな。



テーマ:★イタリア旅行★ - ジャンル:旅行

オリーブオイルにもDOCやヌーボーがあった!

エクストラ・バージン・オリーブオイルのヌーボーの季節だそうで、オルヴィエート近郊のBARTOLOMEI社のパイロットショップ的な店がオルヴィエートのメインストリートにあって、色々試食させてくれた。

オリーブオイルにもDOCやヌーボーがあった!
なんと同社のワイナリー産のワインも試飲させてくれる。つーか、飲み放題

オリーブオイルにもDOCやヌーボーがあった!
左がDOC(正確にはDOP)、右がヌーボー。ヌーボーの方が緑色が濃いのがよく分かる。味わいも青っぽい感じ。
他にもオリーブのペーストでブルスケッタも作ってくれたり、ニンニクのオリーブオイル漬けも試食させてくれた

というわけでDOPを1本買って帰った(←カモ的な何か?)



テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

黒トリュフかけ放題~♪ @オルヴィエート「La Palomba」

夕食は、事前調査でオルヴィエート随一と名高い「Trattoria La Palomba」に行った。

オルヴィエート「La Palomba」 オルヴィエート「La Palomba」
ワインはウンブリア州内のワイナリーで作ってもらってると言うハウスワインミディアムボディって感じ。

オルヴィエート「La Palomba」
イノシシのプロシュートをはじめとした地元産のアレコレのアンティパストミスト。
ふむふむ、どれも味わい深く、ワインが進みまくるし、今後の料理に期待も揚がりますな。

Primo Piattoは、またまた地パスタのウンブリケッタと名物の黒トリュフのUmbrichelli al Tartufoで。
オルヴィエート「La Palomba」
目の前でハゲしくすりおろしてくれて、テーブル上に飛び散りまくり

オルヴィエート「La Palomba」
黒トリュフたっぷりもうたまらん香りでハゲしく(゚Д゚)ウマ-!

Secondo Piattoもこんなの頼んでみたりして
オルヴィエート「La Palomba」
フィレステーキの黒トリュフがけ

オルヴィエート「La Palomba」
赤身主体で旨味しっかりミディアムで肉汁たっぷり(゚Д゚)ウマ-!

友人とシェアしたので他にも食べたんだけど、み~んな(゚Д゚)ウマ-!
たまらんですなオルヴィエート最高



テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

オルヴィエート名物料理(゚Д゚)ウマ-! @オルヴィエート「ETRUSCA」

ローマからICでオルヴィエートに移動。フニクラーレで旧市街に登り、バスでドゥオモ前まで移動。いきなりドゥオモの荘厳な姿に圧倒されつつ、ハゲしく空腹だったので、観光インフォメーションすぐ裏あたりの郷土料理屋「TIPICA TRATTORIA ETRUSCA」に速攻で入店。

オルヴィエート「Etrusca」 オルヴィエート「Etrusca」

オルヴィエート「Etrusca」
ブルスケッタ的な前菜。この地での名称はクロスティーニ(フランス語だとクルトンらし)。キノコのヤツがめっちゃ(゚Д゚)ウマ-!

オルヴィエート「Etrusca」
なんかよくわからんけど、一か八かで頼んでみたキノコのカルパッチョ。肉は無いのかと思ったら、下にイノシシのプロシュートが敷かれてた。
これがまたハゲしく(゚Д゚)ウマ-!
キノコのこんな食べ方ってありなんスかっつーか、大ありと断言できよう

オルヴィエート「Etrusca」
この地の名物パスタ「ウンブリケッリ」。玉子を使って無い手打ち麺。ってことは讃岐うどんてきななにか?
絶妙の弾力があって、旨みたっぷりなトマトソースでハゲしく(゚Д゚)ウマ-!

ひょっとして、ココめっちゃイイ町かも~・・・とハゲしく期待が膨らむ出だしであった



テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。