スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海南鶏飯&ラクサ@恵比寿「新東記」

今日のランチは、恵比寿のシンガポール料理屋「新東記」に行った。

恵比寿「新東記」
ビルの2階にさりげなくあったりして、センスはいいけど、ちと分かりにくい。分やりやすい目印は、下のラーメン屋のパッコンパッコン動いてるラーメン(写真右下)。

恵比寿「新東記」 恵比寿「新東記」
メニューはこんな感じ。シンガポールの庶民的かつ代表的な料理である海南チキンライス(海南鶏飯),バクテー,ラクサ,クレイポットライス(土鍋炊き込みご飯)などが網羅されてる

恵比寿「新東記」
インテリアもセンスよくまとまってる。

セットメニューもあって、ちと欲張りなBセット(海南鶏飯&小ラクサ;1260円)を注文。
恵比寿「新東記」
海南鶏飯は、すべて一皿に盛りつけられる、現地では見かけなかった(私は)スタイル。チキンにも何もソースはかかっていない。3連の小皿に、中華たまり醤油,ジンジャー,チリの3色のソースが並ぶ。

恵比寿「新東記」
鶏肉はモモ肉使用。やや火が通り過ぎっぽくて、皮周りのツルリンとした感じがイマイチだけど、モモ肉のおかげでなんとか許容範囲かな。
青ネギとコリアンダーの両方が乗ってる

チキンライスは、スープ味やパンダンリーフの風味もしっかりしてて(゚Д゚)ウマ-!

恵比寿「新東記」 恵比寿「新東記」
ラクサは、スープの味といい、柔らかくて短く切れてる麺といい、現地通りの感じ。


スポンサーサイト

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。