海南チキンライス@丸の内「ANTHEMBLE」

今日のランチは、丸の内ブリックスクエア3Fのシンガポール料理屋「ANTHENBLE by My Humble House(アンセンブル バイ マイ ハンブル ハウス)」に行った。

ANTHEMBLE
Cafe&Bar風のオサレ系インテリア。アルコールもいろいろ揃っていそう。

ANTHEMBLE ANTHEMBLE
ランチメニューは、海南チキンライス,バクテー,ラクサ,シンガポールチキンカレーと、代表的な庶民派シンガポール料理が揃う(すべて1000円)。

海南チキンライス(海南鶏飯)は、通常バージョンの他に、限定12食でローストタイプも用意されている。遅めの時間に行ったためローストタイプは売り切れてたので、フツーの海南チキンライスを注文。
ANTHEMBLE
チキンライス,茹で鶏,チキンスープ,3種類のソース…と、定石通りのセットの他、ポテトサラダも付いてる。

ANTHEMBLE
鶏肉はモモ肉使用。表面のツルリン感,身のしっとり感とも、そこそこって感じ。
チキンライスは、鶏出汁はしっかりしてるけど、パンダンリーフの香りが乏しいのが残念。
他に「何故わかめスープ?」とかツッコミ所はあるけどね

オフィス街のド真中にシンガポール料理屋だなんて、裏山椎杉

丸の内ブリックスクエアは、赤レンガ造りの「旧三菱一号館」(丸の内で最初のオフィスビルで、復元されて美術館として営業)を中心に作られたショッピングアーケード。
ANTHENBLE
「都会のオアシス」っぽくてイイ感じ。



テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ