スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆるカフェ風南インド料理屋@伊丹「pet pith」

今日のランチは、妻と阪急伊丹駅前の南インド料理屋「pet pith(ペートピート)」に行った。グルジリ/グルハギ仲間のNさんがすでに行ってるみたい。
伊丹「pet pith」 伊丹「pet pith」
駅前通りの一本西の通りにあるビルの2階。看板と目つきの悪い(?)黄色い鳥(ケケって名らし)が目印。ケケは店内外のいたる所で見つかるゾ。

伊丹「pet pith」
ランチメニューは、ミールスがヴェジ(1000円)とノンヴェジ(1100円)の2種類、ティファンがマサドーサ,ラヴァ・イドゥリ,ウタパムの3種類(いずれも1000円)、ぶっかけ飯的にラッサムライスとサンバルライス(いずれも700円)、今日はやってなかったがマトンビリヤニ(1000円)など。

ノンヴェジ・ミールス@伊丹「pet pith」
ノンヴェジ・ミールス。
左上から、チキンカレー,ラッサム,トマトスープ,サモサ(マトン),チャパティ,ライス,ポリヤル。

ヴェジ・ミールス@伊丹「pet pith」
ヴェジ・ミールス。
左上から、サンバル,ラッサム,トマトスープ,ポリヤル,プーリ,ライス,サモサ(ヴェジタブル)。

チャパティ/プーリは選択可。食後のチャイも付いてる。

サンバル(野菜カレー)は、スッキリとしながらも味わい深い仕上がり。
ラッサムにココナツのシュレドが浮いてるのは初めてだ。ニンニクを効かせていないのには好感が持てる。まぁ、色んなタイプがある中での話なのだが。

料理はすべて間違いなくホンモノの味(゚Д゚)ウマー!
伊丹「pet pith」
それもそのハズ、シェフ達はバンガロール出身の生粋南インド人なのだ(日本語不可、英語可)。ナマのカレーリーフを持参したら喜んでたゾ
手作り感あふれる(つーか、手作りそのもの)このエクステリア/インテリアのセンスはオーナー(日本人、本日不在)によるもの。竹をくり貫いて白い器を並べるアイデアには脱帽。


■南インド料理屋 pet pith(ペートピート)
伊丹市西台1-6-6 Forest伊丹201
072-772-3883/11:30~14:30,17:30~20:30/水休
参考URL:いたみん>伊丹市のグルメ情報[中・韓・アジア]>pet pith


この記事に対するコメント

>ちびぱんさん
阪急・JR・阪神の東西のライン上にないと、ちょっとのことなのに、根性要りますね。でも、なかなかイイ感じでしたよ。

【2008/12/28 08:07】URL | K1郎 #suz0Agps[ 編集]

私も今日行けば良かった~
行きたいと思いながらも、伊丹ってちょっと行きづらいんですよね。

【2008/12/27 23:15】URL | ちびぱん #-[ 編集]

>たがさん
なかなかイイ感じでした。若干辺鄙ですけど、一度は行く価値ありかも。

【2008/12/27 21:36】URL | K1郎 #suz0Agps[ 編集]

ここ、行こうと思ってました。

【2008/12/27 16:05】URL | たが #gCdjPySU[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://umakara.blog.fc2.com/tb.php/1744-bd3af965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。