FC2ブログ

2012 ホアヒン・バンコク の記事

2012/08/26 ホアヒン駅で鉄分補給
折角自転車を借りた事だし、もうちょい観光してみることにした。で、やって来たのはホアヒン駅。観光名所らしいのだが、駅が名所ってのにピンと来なかったのだが・・・駅名の表示とプラットホーム。なかなか味わい深い。バンコク方面(北)から列車がやって来た。人の乗り降り無し。ホアヒン駅観光の目玉;王族専用待合所。まぁ、外から見るだけなのだが。小ぢんまりした建物だ。SLも展示されてたりする。列車が近付くとこの鐘が...
2012/08/26 カオタキアップのサル
子ザル。親子。赤ちゃんにミルクをあげようとしてた所を、横からひったくってた。エサの時間になるとウジャウジャ集まって来た。...
2012/08/26 カオタキアップへサイクリング
自転車で行けたのは麓の漁村まで、急な坂を歩いて登ると、お寺の境内っぽい所に出る。そして最後にこの階段を上るってワケ仏教モチーフではあるが、なんとなくパラダイス感もあったりして。頂上には祠があって、その周囲には鐘がズラリと並んでて、これを叩いて回ると何やら御利益があるらし。我々俗人には、カオタキアップ~ホアヒン~チャアムの海岸線の絶景が嬉しいぢゃぁあ~りませんかぁ~...
2012/08/25 今夜は屋台でシーフード♪ @ホアヒン「Moo Sea Food」
今日の夕食は、ホアヒン・ナイト・マーケットの海鮮屋台「Moo Sea Food」に行った。ナイトマーケットの中間地点の交差点に有る店で、港あたりの海鮮料理屋(昨日の店みたいな)より安くて旨いと評判の屋台なのだ。これは後日しかも早めの時間に撮ったので、あんまり客が入って無い感じだが、土曜なのでハゲしく混んでた。ここはホンマもんの屋台で、調理場も客席もカンペキにアウトドアなのだ。なんと屋台にしては、店のロゴ入りグ...
2012/08/25 カオマンガイ&カオカームー@ホアヒン「Hongtay Chicken Rice」
「ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ」の送迎車でチャチャイ・マーケット(ホアヒン中心部の市場)まで送ってもらって、ランチはその向かいあたりにあるカオマンガイ&カオカームー専門店「Hongtay Chicken Rice」に行った。 屋台では無く、こぎれいでエアコンも効いてる。▲カオ・マン・ガイ(50バーツ)ライスはチキン+ショウガ+ちょびっと醤油(?)って感じで結構しっかり味で(゚Д゚)ウマ-! チキンの柔らかさもイイ感じナムチムは...
2012/08/25 ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
タイといえばゾウさんでしょう ってワケで「ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ」に行った。無料送迎サービス付きゾウさんの背中に乗って喜ぶ各国の観光客の皆さん。ワタシはゾウさんの首の所にまたがって、象使い経験をさせてもらったよ耳の後ろの所に足でトントンと合図して方向やスピードを操作(?)するのだ。仕事にあぶれたら、象使いとして生きて行く覚悟を決めたぞちなみに、ゾウさんの頭は案外柔らかくて、柔らかい毛が生え...
2012/08/25 朝食@ホアヒン「Baan Laksasubha」
ホテルの朝食はこんな感じ。タイ料理らしいのはカオパットやパッタイ程度。後はフツーにパン,ハム,ソーセージ,ボイル野菜,スープ,サラダ,フルーツ,飲み物いろいろ・・・って感じ。 レストラン周囲にもいろんな鳥がやってくる。...
2012/08/25 ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」
ホアヒンに宿泊するにあたって、ホテル選びの条件としたのは・・・ビーチフロントであるコテージタイプこぢんまりしてるできれば2ベッドルームレストランとかが集まる中心地に近いホテル名に「Baan」が付いてる予算は一人1泊5000円位でこのような実にキビしい条件をクリアしたのは「...
2012/08/24 シーフードタイ料理いろいろ♪ @ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
夕食は、港近くに軒を連ねるシーフード・タイ料理屋の中でも、いろいろ検索してみて評価の高かった「CHAOLAY(チャオレイ) SEAFOOD HUA HIN」に行った。この角度では見えないけど、緑の丼マーク(王族の血を引くタナッシー氏によるオススメ店に与えられるマーク,タイのミシュランとも言われる)が付いてた。1階は魚が生け簀や氷に乗せた状態で魚介類が展示(?)されてて、ここで魚を選んで調理法を指定することができるみたいだが...
2012/08/24 カオ・マン・ガイ(゚Д゚)ウマ-! @ホアヒン・DECHANUCHT通りのカオマンガイ屋
ダムヌン・サドゥアク水上マーケットから車で約2時間でホアヒンに到着。ホテルにチェックインしたらスグにトゥクトゥクで中心地に繰り出して、下調べしてあったカオマンガイ屋台に行ってみたら、品切れで営業終了なんだか、店そのものをヤメちゃったんだか、屋台が存在しない。そのへんのおっさんに聞いてみたら、「カオマンガイならあっちだ」とDECHANUCHT通りの数軒隣のカオマンガイ屋を教えてくれた。表で調理・裏で飲食という...
2012/08/24 すっかり観光化してるダムヌン・サドゥアク水上マーケット
市場からちょっと離れたところから、小さめのモーターボートで出発 途中で、ココナッツシュガー工場を見学。ココナツミルクを煮詰める竈にくべてるのはやはりココナッツの殻。無駄が無いですな。著作権等若干ヤヴァめな落書きあり。唯一気になったのはこのスパイス屋さん。サフランが安かったような気がする。...
2012/08/24 クェチャップ・ヌア&バミー・ヘーン@メークロン市場のクイッティオ屋台
ヒコーキで朝食を食べ損ねたので、メークロン市場の一角にあるクイッティオ屋台(麺料理屋台)に行った。店先で調理して、飲食スペースはその裏という、あちらでの屋台スタイル。女子高生もランチにテイカウェイ。調味セットは、お約束の4種類+1。モヤシ取り放題。クェチャップ・ヌアは、いろんなモツ類や厚揚げとか具沢山。クェチャップそのものは、形態は面白いけど、コシとかは全然無い感じ。モツ類が甘く煮込まれてるので、...
2012/08/24 メークロン市場のいろんな店【線路以外の部分】
線路以外の部部にもいっぱい店があって、つーか、もともとはこっちがホントの市場と思われるのだが、生鮮食料品や日用品を売ってる店がズラリ。唐辛子いろいろ。ココナッツをひたすら削り続けてる。蒸籠?輪っぱ?に詰めた小魚。乾物いろいろ。青いカニ。焼きガエル。...
2012/08/24 列車が突っ切る!?衝撃のメークロン市場
今夜の宿泊地はホアヒン、スワンナプーム空港からクルマで2時間くらいのリゾート地だ。そして着陸したのは朝の4時。ハイヤーをチャーターしてたんだけど、そのまま行っちゃうとチェックインには早過ぎるので、有名なダムヌン・サドゥアク水上マーケットに連れて行ってもらうことにしていた。しかし、運転手の提案により、その前にもうひとつの市場に寄ることになった。市場の名前はメークロン市場。観光化されて無い(お土産市場...
2012/08/24 関空→バンコク;TG783
コハダの握りだなんて、なかなか通なもん出してくれる。茶蕎麦もくっついて無いし、なかなかイイ感じ。...

ホアヒン駅で鉄分補給

折角自転車を借りた事だし、もうちょい観光してみることにした。
で、やって来たのはホアヒン駅。観光名所らしいのだが、駅が名所ってのにピンと来なかったのだが・・・

ホアヒン駅
駅名の表示とプラットホーム。なかなか味わい深い。

ホアヒン駅
バンコク方面(北)から列車がやって来た。人の乗り降り無し。

ホアヒン駅
ホアヒン駅観光の目玉;王族専用待合所。まぁ、外から見るだけなのだが。小ぢんまりした建物だ。

ホアヒン駅
SLも展示されてたりする。

ホアヒン駅
列車が近付くとこの鐘がカランカランと鳴らされる。駅員が鳴らしてる様子は撮り損ねた。

b120826_26.jpg
南の方からやって来たローカル列車。3等客室だけかな。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

カオタキアップのサル

カオタキアップのサル
子ザル。

カオタキアップのサル
親子。

カオタキアップのサル
赤ちゃんにミルクをあげようとしてた所を、横からひったくってた。

カオタキアップのサル
エサの時間になるとウジャウジャ集まって来た。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

カオタキアップへサイクリング

カオタキアップへサイクリング
自転車で行けたのは麓の漁村まで、急な坂を歩いて登ると、お寺の境内っぽい所に出る。そして最後にこの階段を上るってワケ

カオタキアップへサイクリング
仏教モチーフではあるが、なんとなくパラダイス感もあったりして。

カオタキアップへサイクリング
頂上には祠があって、その周囲には鐘がズラリと並んでて、これを叩いて回ると何やら御利益があるらし。

カオタキアップへサイクリング
我々俗人には、カオタキアップ~ホアヒン~チャアムの海岸線の絶景が嬉しいぢゃぁあ~りませんかぁ~



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

今夜は屋台でシーフード♪ @ホアヒン「Moo Sea Food」

今日の夕食は、ホアヒン・ナイト・マーケットの海鮮屋台「Moo Sea Food」に行った。ナイトマーケットの中間地点の交差点に有る店で、港あたりの海鮮料理屋(昨日の店みたいな)より安くて旨いと評判の屋台なのだ。

ホアヒン「MOO SEAFOOD」
これは後日しかも早めの時間に撮ったので、あんまり客が入って無い感じだが、土曜なのでハゲしく混んでた。
ここはホンマもんの屋台で、調理場も客席もカンペキにアウトドアなのだ。

ホアヒン「MOO SEAFOOD」
なんと屋台にしては、店のロゴ入りグラスまであるのだ。

ホアヒン「MOO SEAFOOD」
まずはタレ2種類、プリックナンプラーとスィートチリソースが出てくる。

今日は、メニューに有ろうが無かろうが、食べたかった海鮮タイ料理を知ったかぶりタイ語で注文しまくり。

ホアヒン「MOO SEAFOOD」
▲オースワン
牡蠣とモヤシの玉子閉じ。片栗的な何かでしっかり固まってる感じで、そのものは若干薄味気味なんだけど、牡蠣の旨味がしっかり閉じ込められてる感じで、醤油系タレとかプリック・ナンプラーとかかけてハゲしく(゚Д゚)ウマ-!

ホアヒン「MOO SEAFOOD」
▲トム・ヤム・クン
「これぞトム・ヤム・クン」って感じのハービーで辛くて酸っぱいタイの味~(゚Д゚)ウマ-! (゚Д゚)旨辛-!

ホアヒン「MOO SEAFOOD」
▲プーニム・パッ・ポン・カリー
殻があった方が出汁が出て美味しいンぢゃないかという意見も無きにしも非ずだが、手洗いがあるのか無いのか不安な場所だけに、手を汚さずに済む「殻無し(プーニム)」で頼んでみた。
タマネギが若干生っぽい以外は、昨日の店と引けを取らない感じで、ハゲしく(゚Д゚)ウマ-!

ホアヒン「MOO SEAFOOD」
▲イカのガーリック・ブラックペッパー炒め
イカが柔らかいのにビックリガーリック・ブラックペッパーで(゚Д゚)ウマ-!

家族で食べきれない位食べてビールも飲んで700バーツ(1800円弱)なんだから、もうタマランっすね。昨夜の半額以下だし。



テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

カオマンガイ&カオカームー@ホアヒン「Hongtay Chicken Rice」

「ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ」の送迎車でチャチャイ・マーケット(ホアヒン中心部の市場)まで送ってもらって、ランチはその向かいあたりにあるカオマンガイ&カオカームー専門店「Hongtay Chicken Rice」に行った。

ホアヒン「Hongtay」 ホアヒン「Hongtay」
屋台では無く、こぎれいでエアコンも効いてる。

ホアヒン「Hongtay」
▲カオ・マン・ガイ(50バーツ)

ホアヒン「Hongtay」
ライスはチキン+ショウガ+ちょびっと醤油(?)って感じで結構しっかり味で(゚Д゚)ウマ-!
チキンの柔らかさもイイ感じ
ナムチムはクセが無い感じ。
レバーみたいなのは鶏の血を固めたものなんだけど、これは特に旨くは無い気がする、つーか、味わい所が掴めない。
トータルにハゲしく(゚Д゚)ウマ-!
これはピンクのカオマンガイ屋より上かも

ホアヒン「Hongtay」
▲カオ・カー・ムー(50バーツ)

b120825_26.jpg
豚足~すね肉の甘辛煮込みがトロンプルンとハゲしく(゚Д゚)ウマ-!
高菜漬けみたいなのも程よい塩加減を添えて(゚Д゚)ウマ-!
煮玉子が半熟ってのは珍しい。
これまたトータルにハゲしく(゚Д゚)ウマ-!



テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ

タイといえばゾウさんでしょう ってワケで「ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ」に行った。無料送迎サービス付き

ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
ゾウさんの背中に乗って喜ぶ各国の観光客の皆さん。

ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
ワタシはゾウさんの首の所にまたがって、象使い経験をさせてもらったよ
耳の後ろの所に足でトントンと合図して方向やスピードを操作(?)するのだ。仕事にあぶれたら、象使いとして生きて行く覚悟を決めたぞ
ちなみに、ゾウさんの頭は案外柔らかくて、柔らかい毛が生えてた。

その後、エレファント・ショーを見た。
ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
ゾウさんシュート(サッカー編)

ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
ゾウさんシュート(バスケットボール編)

ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
ゾウさんマッサージ

ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
ゾウさんお絵かき

ホアヒン・エレファント・ヴィレッジ
御褒美ちょーだい!ちょーだい!



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

朝食@ホアヒン「Baan Laksasubha」

ホテルの朝食はこんな感じ。
朝食@ホアヒン「Baan Laksasubha」
タイ料理らしいのはカオパットやパッタイ程度。後はフツーにパン,ハム,ソーセージ,ボイル野菜,スープ,サラダ,フルーツ,飲み物いろいろ・・・って感じ。

朝食@ホアヒン「Baan Laksasubha」

朝食@ホアヒン「Baan Laksasubha」 b120825_33.jpg
レストラン周囲にもいろんな鳥がやってくる。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」

ホアヒンに宿泊するにあたって、ホテル選びの条件としたのは・・・
ビーチフロントである
コテージタイプ
こぢんまりしてる
できれば2ベッドルーム
レストランとかが集まる中心地に近い
ホテル名に「Baan」が付いてる
予算は一人1泊5000円位で

このような実にキビしい条件をクリアしたのは「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」。

なかなかこぢんまりしててイイ感じのホテルだ。
ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」
エントランスあたりの看板みたいなのはこんな感じ。

ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」
ビーチから見たらこんな感じ。建物は2階建てしかないので、木に隠れて存在がよくわからん感じ。

ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」
ビーチ側の看板。

ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」
レストランからの眺めはこんな感じ。

ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」
レストラン横のプールから海の方を見たところ。

ホアヒンのホテル「Baan Laksasubha(バーン ラクサスバ)」
我が家のコテージ(ヴィラ)はこんな感じ。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

シーフードタイ料理いろいろ♪ @ホアヒン「チャオレイ・シーフード」

夕食は、港近くに軒を連ねるシーフード・タイ料理屋の中でも、いろいろ検索してみて評価の高かった「CHAOLAY(チャオレイ) SEAFOOD HUA HIN」に行った。

ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
この角度では見えないけど、緑の丼マーク(王族の血を引くタナッシー氏によるオススメ店に与えられるマーク,タイのミシュランとも言われる)が付いてた。

ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
1階は魚が生け簀や氷に乗せた状態で魚介類が展示(?)されてて、ここで魚を選んで調理法を指定することができるみたいだが、ようワカランので、とりあえず2階のレストランへ入ってみた。
しかーし!なかなかの人気店のようで、予約でかなり一杯になってて、なんとかみつくろって席を用意してくれた。

ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
黙ってても出てくるタレ3種類。左奥のが甘くてトロミがあって、なんかようワカランけど、辛さ緩和用なのかな?

ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
▲トード・マン・クン
エビのすり身の薩摩揚げみたいなの。外側にコロモっぽい部分があって、カリッとしててイイ感じ
中身には程良い弾力があって、エビ味しっかり(当たり前だが)ハゲしく(゚Д゚)ウマ-!

ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
▲ロックロブスターのガーリック・ペッパー味
プリッとした歯応えがあって、身離れがよく、そのものはワリと淡白な味わいながら、ガーリックペッパーとの相性抜群ハゲしく(゚Д゚)ウマ-!

ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
▲ポー・パッ・ポン・カレー
蟹は大きさとか種類を選べるので、今朝市場で見たブルークラブ(手足とかが青いヤツ)でお願いした。殻ごとなので剥くのが手間だが、ハゲしく(゚Д゚)ウマ-!

ホアヒン「チャオレイ・シーフード」
▲カオ・パット・プー
カニ炒飯ですな。殻の破片が入ってたりして若干気を使うけど、まぁ、フツーに(゚Д゚)ウマ-!

他にもいくつか食べて、ハゲしく満腹&満足
な~んか、甲殻類ばっかりになってしまったな



テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

カオ・マン・ガイ(゚Д゚)ウマ-! @ホアヒン・DECHANUCHT通りのカオマンガイ屋

ダムヌン・サドゥアク水上マーケットから車で約2時間でホアヒンに到着。ホテルにチェックインしたらスグにトゥクトゥクで中心地に繰り出して、下調べしてあったカオマンガイ屋台に行ってみたら、品切れで営業終了なんだか、店そのものをヤメちゃったんだか、屋台が存在しない。そのへんのおっさんに聞いてみたら、「カオマンガイならあっちだ」とDECHANUCHT通りの数軒隣のカオマンガイ屋を教えてくれた。

ホアヒン・DECHANUCHT通りのカオマンガイ屋
表で調理・裏で飲食という屋台スタイルではあるが、飲食エリアはちゃんと室内で、小奇麗な感じ。

というワケでカオマンガイ(30バーツ≒45円)を注文。
ホアヒン・DECHANUCHT通りのカオマンガイ屋
ムネ肉部分に当たってしまったけど、チキンは柔らかくてイイ感じ。皮が無いので、ツルッとした食感はないけど。
ライスは味が薄めなんだけど、しっかり鶏の風味はしてる。
ナムチム(つけダレ)は、タオチオ(タイの液状味噌)をしっかり効かせてて、ちょっと独特の風味かな。でも、これはこれで(゚Д゚)ウマ-!
というワケでトータルには十分満足なレベル。



テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

すっかり観光化してるダムヌン・サドゥアク水上マーケット

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
市場からちょっと離れたところから、小さめのモーターボートで出発

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
途中で、ココナッツシュガー工場を見学。ココナツミルクを煮詰める竈にくべてるのはやはりココナッツの殻。無駄が無いですな。

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
著作権等若干ヤヴァめな落書きあり。

b120824_78.jpg
唯一気になったのはこのスパイス屋さん。サフランが安かったような気がする。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

クェチャップ・ヌア&バミー・ヘーン@メークロン市場のクイッティオ屋台

ヒコーキで朝食を食べ損ねたので、メークロン市場の一角にあるクイッティオ屋台(麺料理屋台)に行った。

メークロン市場のクイッティオ屋台
店先で調理して、飲食スペースはその裏という、あちらでの屋台スタイル。

メークロン市場のクイッティオ屋台
女子高生もランチにテイカウェイ。

メークロン市場のクイッティオ屋台
調味セットは、お約束の4種類+1。モヤシ取り放題。

メークロン市場のクイッティオ屋台
クェチャップ・ヌアは、いろんなモツ類や厚揚げとか具沢山。
クェチャップそのものは、形態は面白いけど、コシとかは全然無い感じ。
モツ類が甘く煮込まれてるので、そのままではイマイチだったスープが、調味セットからアレコレ入れてみてるうちに極上の味わいに

b120824_66.jpg
バミー・ヘーンは、茹でた中華麺にいろいろトッピングされてるだけで、味付けはほとんど無かったんだけど、これまた調味セットでハゲしく(゚Д゚)ウマ-! に



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

メークロン市場のいろんな店【線路以外の部分】

メークロン市場
線路以外の部部にもいっぱい店があって、つーか、もともとはこっちがホントの市場と思われるのだが、生鮮食料品や日用品を売ってる店がズラリ。

メークロン市場
唐辛子いろいろ。

メークロン市場
ココナッツをひたすら削り続けてる。

メークロン市場
蒸籠?輪っぱ?に詰めた小魚。

メークロン市場
乾物いろいろ。

メークロン市場
青いカニ。

メークロン市場
焼きガエル。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

列車が突っ切る!?衝撃のメークロン市場

今夜の宿泊地はホアヒン、スワンナプーム空港からクルマで2時間くらいのリゾート地だ。そして着陸したのは朝の4時。ハイヤーをチャーターしてたんだけど、そのまま行っちゃうとチェックインには早過ぎるので、有名なダムヌン・サドゥアク水上マーケットに連れて行ってもらうことにしていた。しかし、運転手の提案により、その前にもうひとつの市場に寄ることになった。

市場の名前はメークロン市場。観光化されて無い(お土産市場では無い)、フツーに人々が生鮮食料品などを買いに来る市場だ。

メークロン市場
線路の両側ギリギリに商品を並べてる。線路内は通路ってワケだ。

メークロン市場
エビ屋さんもこんなにせり出して営業してるし。

そうこうしてるうちに何やらアナウンスが流れ、みんな店をひっこめ始めた。すると・・・

メークロン市場
向こうから電車が・・・

メークロン市場
来た

メークロン市場
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

メークロン市場
目の前を通り過ぎるー商品にもすれすれだ

しかし、さっきのエビ屋さんはどうやってかたづけたのかな~・・・と思ってたら・・・
メークロン市場
こんな構造になってて、一瞬で引っ込んだのだ。

そして、列車が通り過ぎると、皆さんいそいそと店を広げ、また元通りに何事も無かったかのように営業再開してたよ



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

関空→バンコク;TG783

関空→バンコク;TG783

関空→バンコク;TG783
コハダの握りだなんて、なかなか通なもん出してくれる。

関空→バンコク;TG783
茶蕎麦もくっついて無いし、なかなかイイ感じ。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行